路地裏

あらゆるどうでもいいことを書きます。

レアル・マドリーの理想形を模索する FW編

クリスティアーノ・ロナウドを活かす」という最大の任務から解放されたベンゼマは、本来の輝きを取り戻した。そのパフォーマンスは、万能型CFではレバンドフスキに次ぐレベルの活躍だ。攻撃陣を引っ張るリーダーとしての自覚も芽生え、少なくともあと数年はマドリー攻撃陣の中心として活躍してくれるだろう。

 

 問題はそのバックアッパー。過去にはモラタ、ヘセ、さらにはハビエル・エルナンデスなどもいたが、継続的にサブの役割を果たしたのは過去5年で皆無。現在のマリアーノ・ディアス、ルカ・ヨビッチも期待値を下回るパフォーマンスとなっている。ベンゼマもすでに32歳。両者の奮起に期待するのもいいが、手遅れになる前に後継者は探しておかなければならない。候補の一人がヴィクター・オシメーン。リールのエースとしてゴールを量産している、スピード&パワーのストライカーで、器用さもある有望株。とはいえこのポジションのトップターゲットは、アーリング・ハーランドで間違いない。

 若干19歳の神童はドルトムントに移ってからも圧倒的な活躍を見せており、多くのメガクラブが争奪戦を展開している。戦術眼、恵まれた体躯、しなやかなスキル、そして破壊力抜群の左足と、トップレベルに必要な能力をすべて備えた存在であり、バックアッパーの枠にとどまらずマドリーの未来を担える存在だ。

 

 両ウイングは、アザール&ヴィニシウスもしくはロドリゴが基本形。とはいえアザールチェルシー時代のキレがなく、ヴィニシウスもロドリゴも若手だけに継続性に難あり。バスケスやアセンシオも控えるが、マドリーは補強の準備を進めている。

 

 数年来のトップターゲットが、怪物エムバペ。ジダンとエムバペ本人は相思相愛であり、獲得のカギはネイマールの動向とカタール王族の説得だ。ネイマールとエムバペのダブル流出はまずありえないため、パリがどちらをあきらめるかにかかっている。

 さらにCL出場禁止処分が下されたマンCのスターリング、世界王者リバプールのマネも有力なターゲット。アザールもいるため全員獲得はしないだろうが、とりわけ若く市場流出の可能性があるスターリングは可能性が高い。若手逸材に舵を切ったマドリーが最もカネをかけるポイントがここであり、どんな可能性も排除はできない。C・ロナウド復帰の可能性も、だ。

 

 久保が入る隙は、現状どこにもない。今は地に足をつけ、一歩一歩成長していく時だ。

 

 マドリーの理想形をまとめる。()内はバックアッパー。

 

GK ティボー・クルトワ(アルフォンス・アレオラ)

 

CB セルヒオ・ラモス(ミラン・シュクリニアル)

CB ラファエル・ヴァラン(ナチョ、カリドゥ・クリバリ)

右SB ダニエル・カルバハル(アシュラフ・ハキミ、ナチョ)

左SB ダビド・アラバ(フェルラン・メンディ)

 

アンカー カゼミーロ(フェデリコ・バルベルデ)

インサイドハーフ トニ・クロース(マルコ・アセンシオ、エドゥアルド・カマビンガ)

インサイドハーフ マルティン・ウーデゴー(ブラヒム・ディアス、レイニエール)

 

右FW キリアン・エムバペ(ラヒーム・スターリングロドリゴ)

左FW エデン・アザール(サディオ・マネ、ヴィニシウス・ジュニオール)

CF カリム・ベンゼマ(アーリング・ハーランド)

 

 

 これが実現すれば、銀河系軍団の再来と言っていい。コロナ禍の影響もありかなり移籍市場は難しいが、マドリーには変わらず剛腕ぶりを発揮してほしい。

レアル・マドリーの理想形を模索する MF編

 ジダンの戦術におけるキーマンは、アンカーのカゼミーロだ。極めてオーソドックスなカウンターを志向し、基本的に選手の能力に委ねる攻撃を展開するジダン戦術では中盤の底で攻撃を止めてカウンターにつなげるカゼミーロは代えの利かない絶対的存在。もともとシャビ・アロンソ、クロースも獲得当初はこのポジションだったが、ジダンは中盤の創造性をある程度犠牲にしてカゼミーロを据えた。そこからCL3連覇を達成したように、ジダンの最大の英断と言ってもいい。

 現在、カゼミーロと同じ働きができる存在はマドリーにいない。可能性があるのは、万能型のバルベルデ。現在はモドリッチとスタメンを争うウルグアイ代表の21歳だ。ウルグアイ人らしく闘争心に溢れ、それでいて状況判断が適切。前線への飛び出しからカバーリングまですべてを高いレベルでこなすラ・リーガを代表する逸材だ。このままモドリッチの後継者としてポジションを奪う道も考えられるが、カゼミーロのバックアッパーとしても経験を積むだけに、このポジションで大成してほしい。

 

 一列前のインサイドハーフは、基本的にモドリッチとクロース。このクロースは現マドリー最高のタレントの一人で、イスコ、アセンシオと比べても差は歴然としている。モドリッチはやや落ちてきたがバルベルデの成長もありそこまで深刻な問題ではなく、ウイングと兼任で前述のイスコとアセンシオ、さらにスペインの未来を担うブラヒム・ディアスも控える。

 さらには先日、レンヌの超逸材・カマビンガを獲得するとの噂も出ている。17歳ながらプロで40試合以上に出場し、市場価格は5000万ユーロとも言われるフランスの至宝だ。インテンシティーが高く、ポジショニングセンスとビルドアップ能力にも優れる。アンカーとしては球際の激しさなど、守備能力に課題を残すが、今後の成長ではレジスタの能力を持つアンカーにもなりうる。実際に獲得できれば、若返りを目指すマドリーにとって理想の補強となるだろう。

 

 そして中盤でいま最も復帰が望まれるのが、レアル・ソシエダで超人的な活躍を見せていたマルティン・ウーデゴーだ。一時期は「消えた逸材」と思われていたが、フィテッセでの2年間でフィジカル的に大きく成長し、ソシエダで天賦の才能をいかんなく発揮している。特筆すべきはそのテクニック。長短、強弱、シチュエーションによってパスを自在に使い分けて決定機を演出する。守備の意識も向上し、豊富なスタミナで90分走り続ける。紛れもなく特別な才能の持ち主である。

 

 実際にカマビンガ、ウーデゴーがそろって加わるとすると、イスコはほぼ確実に放出になると思われる。興味の段階ではあるがレバークーゼンのカイ・ハベルツの獲得の可能性もマドリーは探っており、ここまで行くとタレントが完全に飽和状態。絶対的な主力になれていないイスコとアセンシオのうち、サポーター人気も高くまだまだ若いアセンシオは残る。逆にイスコはもともと市場人気もあり、本人も環境の変化を考える時期だろう。ウイングもこなす利便性は惜しいが、ロドリゴやヴィニシウスなど逸材揃いだけにダメージは最小限で済む。

 バルベルデ、クロース、カゼミーロ、そして予想ながらカマビンガ、ウーデゴーまで加われば、モドリッチを手放すという選択肢も十分視野に入る。元々今シーズンの始まる前はインテルと個人合意していたこともあり、クラブも売却を絶対許さないというスタンスではない。若返りを図るクラブ事情もあり、この夏、もしくはその次の夏には、MFの大刷新が行われるかもしれない。

 

最後はFW。

レアル・マドリーの理想形を模索する DF・GK編

 前人未到チャンピオンズリーグ3連覇(チャンピオンズカップ時代を除く)を成し遂げ、メッシ&ロナウドバロンドールに終止符を打つ選手(モドリッチ)を排出し、いまだに世界のトップ3に入るクラブとして輝きを放つレアル・マドリー。しかしこの10年間でラ・リーガでの優勝はわずか2度。ジダンの電撃退任後は迷走していた印象が強く、ジダンが復帰した現在もラ・リーガではCLの輝きを見せられていない。

 

 そのバロンドーラーであるモドリッチはロシアW杯をピークにやや元気がなく、ベイルは「ロナウド後」でも怪我を繰り返して失望を買い、プレミア最高のタレントであったアザールチェルシーにいた頃からは程遠いパフォーマンスに終始している。変わらずの働きを見せるS・ラモスやカルバハル、確かな成長を見せるヴァランやロドリゴロナウド後でも安心のパフォーマンスを見せるベンゼマクルトワらはいるものの、いまだにバルサの後塵を介している。

 

 どちらかというと俺はバルセロニスタなのだが、レアルには久保建英もいることだし強くあってもらいたい。ということで保有権を持つ選手や獲得を狙う選手などを希望的観測でチームに加え、理想形を探っていければと思う。早速始める。

 

 キーパーはクルトワでまったく問題ない。というよりナバスを放出した時点で他に選択肢が無い。アレオラもパリでの経験を考えればバックアッパーとしては十分。理想はクルトワと同等の存在か後継者たりえる存在。その意味でナバスは理想だったが、派閥が出来てしまうため放出したフロントの判断は間違いとも言い切れないためアレオラで良しとする。まったく現実的ではない後継者候補はミランのドンナルンマ。ライオラがバックアッパーの立場など受け入れるはずがないだろうし、もし移籍するならそれこそクルトワとのトレードか、1億ユーロ級を要求してくるだろう。ということでひとまず除外。

 

 最終ラインは悩ましい。安心できる存在のセルヒオ・ラモスとマルセロは、衰えを考えなければいけない段階だ。だからこそデリフト(ユベントス)は絶対に欲しかったところだが、囲われた以上ユーべは手放さないだろう。ヴァランは順調にいけばあと2、3年で世界トップに行ける存在で、カルバハルは攻守のバランス型のサイドバックとしてはすでに世界最高峰。最終ライン全域をこなせるナチョは世界最強のバックアッパーと言っても過言ではない存在。考えるべきなのはフェルラン・メンディに左サイドを任せるべきかということと、マルセロの処遇だ。

 現状、夏の移籍組で一番の活躍を見せるフェルラン・メンディ。コンディションを落とすマルセロに代わり、左サイドバックのレギュラーとして奮闘する若武者にはサポーターも期待を寄せている。ひとまずメンディに期待していいだろう。問題はマルセロ。

 好調時の輝きは変わらず。選手寿命が延びている昨今では老け込むにはまだ早く、奮起に期待するのも十分あり。ただ個人的にはメンディと同世代の逸材を獲得し競わせるのがいいと感じる。マルセロはベテランだがチームに落ち着きを与えるタイプではなく、いわゆる「ラテン組」の中でもお調子者のリーダーだ。好調時はそれがチームに好影響を及ぼすものの、現在のように調子を落としていると途端にメディアの標的となる。最終ラインを引き締める存在としてラモスが君臨する以上、マルセロの放出は悪くない提案にも思える。それに選手にとっても、まだやれる中で若手のバックアッパーは不本意だろう。パリでもブラジルでももう一花咲かせまくっているダニエウ・アウベスのように、クラブを移すのも正解だと思う。

 さてメンディと競える存在としては、有力な候補はいない。その代わりそのメンディを再びサブに追いやるレベルの存在である、バイエルンのアラバを狙っている。バイエルンが夏に唯一売りに出す可能性のある主力が、アラバだ。カナダが生んだ逸材、アルフォンソ・デイビスのコンバートに成功し、リュカやパバールもサイドバックを担えるためだ。あるいは次代の第一人者候補、アトレティコのロディの「禁断の移籍」も、クラブの歴史を考えればない話ではない。

 

 右はカルバハルで盤石。さらにドルトムントで覚醒したハキミの復帰を検討しており、ナチョも含めて隙が無い。獲得はそのハキミで十分だろう。

 難しいのはセンターバック。エデル・ミリトンは適応期間と考えて猶予を与えるべきだし、ナチョが控え、ラモスはトップレベルを維持し、ヴァランはそこに辿り着きつつある現在はそこまで補強の緊急性は無いように見える。

 だが忘れてはならないのはセルヒオ・ラモスがすでにオーバー30だという事。後継者問題は付きまとい、デリフト以外の選択肢を考えなければならない。

 

 数年前から狙うのがクリバリ(ナポリ)。困難を独力で解決できるスーパータレントであり、ファン・ダイク、マグワイアと更新してきた移籍金記録を塗り替えるのではと言われている。

 逆にここ2年ほどで急浮上したターゲットが、インテルのシュクリニアルだ。クリバリより3歳若く、フィジカルもあるがどちらかと言えば頭脳型。冷静さを失わず、インテルで結果を残す通りパーソナリティーもある。向こう5年以上の最終ラインを託せる存在と言っていい。

 

 さらに若い候補では、RBライプツィヒのダヨ・ウパメカノが挙げられる。現在21歳。186cm・90kgという恵まれた体躯を活かしたパワフルなディフェンス、質の高いカバーリング、テクニックもあり冷静さを失わないパーソナリティーも併せ持つ。さらに貴重な左利きのCBと、U-21世代ではデリフトと並び頭二つ以上抜けた存在だ。

 それだけに争奪戦が激しく、アーセナルバイエルントッテナムミラン、そしてバルサも獲得を狙っている。交渉上手のユーべが参加しないのは朗報だが、獲得できるかはまったくわからない。とはいえレアルが獲ると決めたら獲ってきた歴史がある。期待したい。

 

 想像以上に長くなってしまったのでここでいったん区切る。

冨安健洋の適正価格を考える

 先日、セリエAの名門・ASローマからの興味が報じられた東京五輪世代のサッカー日本代表・冨安健洋(とみやす たけひろ)。ベルギーのシント=トロイデンで頭角を現し、セリエAの舞台へ駆け上がってからは本職ではない右サイドバックとしてチームに貢献する若武者は、まだ21歳であるという将来性も含め、強豪クラブへのステップアップが期待される逸材の1人だ。

 

 ボローニャで試合に出続け、トップレベルの舞台で経験を積んでいる冨安にローマを始めとする国内の有力クラブが興味を示すのはいわば当然の事だが、その成長速度には目を見張るものがある。しかしこの一件はボローニャのテクニカルディレクター、ワルテル・サバティーニが否定した。

「今夏は売りに出していないし、2500万ユーロ(約29億円)積まれても売らない。それ以上の価値がある」というのがサバティーニの主張だ。彼が言うには「冨安の価値は誰にも計れない」という事だ。その言葉通り、今夏の移籍は無しと考えていいだろう。

 

 しかしここで引っかかるのは、2500万ユーロ以上の価値というのは本当か、という事だ。たしかに将来性、チーム内での重要度などを考えればインフレ気味の移籍市場においてまったくバカげた金額とも言えず、実際トップレベルで何の実績もない逸材が3~4000万ユーロ(35億~46億円)で取引される光景は、メガクラブにおいてはさほど珍しい光景では無くなってきた。

 とはいえ冨安は欧州圏の人間ではないし、言語や生活などの適応も未知。ベルギーとイタリアで一定の結果を残しているとはいえどちらもプレッシャーの少ない中小クラブでの話で、さらに言えば冨安はディフェンダー。守備の選手はそのレベルに関わらず攻撃プレーヤーに比べると移籍金は低い。現時点で世界最高のセンターバック、フィルジル・ファン・ダイクも、リバプールが払った移籍金は8500万ユーロ(約107億円=当時)。チームへの貢献度で言えばメッシやC・ロナウドにも比肩する男でさえ、1億ユーロに満たない。

 

 インフレ気味の最近だと、フランスの世界一に貢献し、アトレティコでも結果を残したリュカ・エルナンデスはその若さも加味され8000万ユーロという高値がついた。とはいえ彼はアトレティコとフランス代表という強豪で結果を残している。いわば「保証書付き」と言ってもいい実績であり、冨安のような才能豊かな若者という括りではなく、「世界レベルの即戦力」としての括りだと考えた方がいい。

 他にはオランダ代表、マタイス・デリフトがアヤックスからユベントスに移籍した時には8550万ユーロ(約99億円)。デリフトは冨安よりさらに若く、現在20歳。欧州の舞台で大躍進を遂げた「ヤング・アヤックス」においてキャプテンを務め、チャンピオンズリーグベスト4まで進んだチームをまとめ上げた。彼もまた、若者離れしたパーソナリティー、図抜けた将来性、現時点での即戦力という多くの側面が価値を高めている。

またデリフトの場合は、争奪戦の過熱による移籍金の高騰もある。サッカー選手の移籍は争奪戦になった場合はオークションに似ており、当然払う金が多いクラブの方が獲得できる確率は上がる。ユーべは決して一番高い金を払ったわけではないが、当初提示した額からの上積みはもちろんある。

 

 彼ら世代のトップクラスに比べれば、冨安はそこに辿り着く可能性こそあれ現時点では足元にも及ばない。ローマは1000万ユーロを提示したとの情報もあるが、冨安を純粋に戦力として考えるなら高くてもその程度だろう。個人的には850~900万ほどではないかと思う。

 その一方で、本職がCBながら右SBをそつなくこなすポリバレント性、セリエA1年目からレギュラーポジションを勝ち取った適応力、何度も言うがまだ21歳という若さを考えると、1000万ユーロはあまりにも安い。

 

 個人的に、冨安の適正価格は1500~2000万ユーロほどだと考える。ボローニャとしても、その価格で冨安が希望すれば引き留めることはできないだろう。ボローニャのような中小クラブにとって、冨安のような若手は戦力であると同時に「商品」でもあるからだ。とはいえこれを下回る価格は突っぱねるだろう。あと1年で冨安がさらなる成長を遂げれば、この2倍以上の値段が付くことも十分あり得るからだ。

 

 日本の最終ラインを背負う存在、冨安健洋。願わくば、そのキャリアが正しい成長曲線を描きますよう。

あなたは世界最後の人類です。

 真夜中の街をずかずか歩き、自販機でココアを買って公園のベンチに腰掛ける。どの瞬間にも俺以外の人類が見当たらなかったので、映画みてーだと思った。

 コロナとかいう空気の読めてないウイルスさん、三密を侵すことの出来ない俺のような独り者にはあんがいそっぽを向いている。まあ感染は当然しているんだろうけど、発症はしていないという感じだろうか。そんな感じで緩やかに苦しくなっていく社会の眠る様を外側から眺めたつもり。

 

 世界最後の人類をテーマにした作品はたくさんある。よくある妄想話なので、酒の肴にもなるぐらいみんな考えやすいと思う。自殺かな、生き抜くかな、ひたすら寝るかな。

 俺からすると人生は人と生きると書いてるつもりなので、死ぬほかない。たった一人真夜中にさまようだけで、心臓が一回り小さくなる。友達がいなければ生きていけない。

 たったこれだけのために記事を書いてると思うと馬鹿馬鹿しい。

 でも一人はこわかった。一人になりたい時はあるが、一人で平気だった時は無い。生きるということにまず向いてないのだ。でも生きているからには生きたくて、生きてるからには高いとこ行きたい。

 それだけの人間。

深呼吸する貧乏人

 こないだまでゲームがつまらなかったので小説を書きまくっていたのだが、急にゲームが面白くなり小説を3日ぐらい全く書いてない。これは小説がつまらなくなったのか、ゲームが面白くなったのか。ゲームは本当は最初から面白かったのか、突然面白くなったのか。

 尊敬しているゲーマーが言ってたのだが、「ゲームに飽きるのではなくて、ゲームをやってて成長しない自分に飽きている」というのはまったくその通りだと思う。死にゲーを積む、難易度を下げてクリアする、そういうことはしょっちゅうだ。好きなゲームは無双シリーズウイイレの難易度はスタンダード。発売から2週間ぐらいで買ったSEKIROは、いまだクリア出来ていない。

 

 でも色んなことをつまらないと思う時間は圧倒的に減った。実家を飛び出してあてもなく人間砂漠に飛び込んでしばらく経ったが、ゆるやかに減っていく残高と引き換えに、平穏と感動をようやく取り戻した。実家にいる時に何度も観た映画をここで観ると、涙が出てくるし、思いっきり笑えるし、誰も「なんで生きてるの?」なんて暗に聞いてきたりはしないんだ。頭でずっと思っていた「親なんてクソくらえ」を、やっと心から言えるようになったんだ。

 それはそれとして感謝はしている。育てるというのは簡単なことではないし、お金で苦労する貧乏家庭ではなかったし、頑固だったが学がある両親だから俺もそれなりの常識を身につけることが出来た。でもやっぱり近くにいる俺の心はずっと息を止めていた。

 

 困窮する生活に、やたらと多い人、薄汚れた空気。でもここで深呼吸する。空気がきれいなだけでは人は生きていけないし、綺麗じゃなくても大きく吸える空気もある。

 残高を見るたび頭が痛くなる。でも心はやっと息づき始めた。

嫌われつつ

 「毒虫」という本のタイトルだと勘違いしていたが、「変身」というタイトルだった、というくらいにあの書き出しは衝撃的だった。カフカが何を考えてたか知ったこっちゃないが、覚えたのはカフカという名前よりもグレゴール・ザムザという毒虫の名前だった。自分が朝起きて毒虫になってたらどうしよう、考えるというより夢に出てくるようになった。

 

 悪口を言われるのはちっとも慣れてないけど覚悟ぐらいはしている。俺のことを好意的に思ってくれてる人がいるなら、同じ数嫌いな人がいるのも普通の話だから。なんなら嫌いな人のが多いだろ、普通。嫌いになるのはきっかけ一つでなれるからな。でも自分が毒虫になって誰からも一線引かれたら、きっと気が狂うんだろう。

 好きだの嫌いだのはそいつと関わりを持つという意思表示に他ならない。嫌いな奴だと思ったときは、そいつに心のスタミナを消耗することを理解しないといけない。しかも好きより嫌いの方がよほどスタミナを使うという、恐ろしい構造。そうなるぐらいなら、嫌いな人の存在なんか認識の外に置いちまえばいい。それをあらゆる方面からやられちまった毒虫が、社会に一定数存在している。「無敵の人」という名前で。

 

 「誰か止めてくれればよかったのに。」通り魔はそう言ったらしい。ゾッとするけど、止められるはずがない。好きにも嫌いにも置かれない、距離が開き、詰まらない。世界から隔離され、差し伸べられる手どころか、嫌悪の目すらも向けられない。呼吸すら出来なさそうな空間に、一人漂うような感じなんだろうか。想像すらできない恐怖だと思う。

 そうならないためには、嫌われる覚悟で好かれようとするしかないと思う。心が死ぬ前に、心をぶつけるのだ。それで嫌われるならいい。好かれればもっといい。孤独に勝手に駆け寄って、自分から心を殺す必要はないんじゃないか。「ワタシはそういう人間だから」って言葉がほんとうに嫌いだ。無条件に自分を愛せ。楽観主義で生き抜け。

 

 いま、世界がいろいろ大変で、人に会えないという事情もあると思う。でも、今の時代は会えなくてもつながれるから。手を尽くせ。全身全霊で愛されるべきなのだ。飛び込め、人間の渦。

 そして「映像研には手を出すな!」を見ろ。


TVアニメ「映像研には手を出すな!」PV 第3弾【1/5(日)24:10~NHK総合テレビにて放送開始】